育児 幼児教育 父親

仕事を頑張りながら育児と幼児教育をするパパ

仕事と育児、子供の幼児教育を頑張る父親のブログです

メニュー

4歳長男の育児に四苦八苦仕事以上に育児は大変?子どもの幼児教育を始めました子育ては苦痛?仕事しながらイクメンを目指す!

4歳長男の育児に四苦八苦

子育て、育児なんてみんなしてるから余裕だろ?みたいなことはありました。

はい、ごめんなさい。育児大変だー!子どもを持って初めて親の苦労が分かるといいますが本当に親は立派だったなと痛感しています。

特に1年後に幼稚園に入園する長男はつくづく大変だと感じています。

食べ物の好き嫌いが多い、ちょっとしたことで機嫌を損ねる、弟をたたく、夜11時を過ぎてもなかなか寝ないなど挙げればきりがありません。。

いままでの育児が間違ってたのか?このくらいの歳の男の子はみんなこんな感じなのか分かりませんが、とにかく毎日朝起きてから寝るまで本当に疲れます。

さてそんな4歳になる長男ですが、やはり子供です。かわいい所も多いんですよ。

先日僕の母親、長男からしたら祖母の誕生日だったんですが、「バアバたんじょうびおめでとう」と小さな声で言ってくれたんです。

これにはバアバも嬉しそうだったし、僕も嬉しかったですよ。

他にも弟にキスしたり、手伝いをしてくれたり、こう言うことがあるからまだ育児を頑張れますが、辛いだけだったらとっくに育児放棄をしてたかもしれません。

大人からすれば自分の人生は自分で何とかするしかありませんが、子どもからすれば大人に導いてもらわなければ何もできないので、子供の将来のためにも身を粉にして誠心誠意、育児を頑張ろうと思います!

仕事以上に育児は大変?

最近つくづく思うのは、育児って仕事以上に大変じゃない?ということです。

もしも妻と僕が入れ替わって小さい子どもを1日中相手にしていると気が狂いそうになると思うんですよ。

もちろん仕事も大変ですが、僕は仕事のほうが楽に感じます。

例えば最近時間があるときに幼児教育と育児のブログなどを読んでいるんですが、旦那さんでも仕事をしながらかなり積極的に子どもの育児、幼児教育に参加している、いわゆるイクメン?って人は多いんだなーと感じています。

昼間は仕事して疲れて帰ってきて小さい子どもの世話をするって正直かなりハードだと思います。

これはやったことがある人にしか分からないと思います。

仕事が終わって家ではのんびりしたいのに、小さい子どもがいると一緒に遊んだり、お風呂に入れたり、ご飯をあげたり、オムツを変えたり、本当にすることが山積みなんですよ。

でもこの大変な育児も子どもが5歳くらいになればかなり楽になると言われています。

オムツ交換もなくて1人でトイレに行ってくれるし、ご飯も1人で食べられるし、お風呂だって1人で入れる、着替えもできるし、1人で遊ぶこともできるようになりますから。

子どもと一緒に遊べる時間なんて本当に限られているので、大変なんて思うとバチが当たるかもしれませんね。

自分に仕事、プライベートで余裕がなくなると家庭、子どもにいい影響が出ないと思うので、家の中ではできるだけ笑顔で、できるだけ怒らずに、子どもと妻に接して、楽しい家庭にしようと思います。

子どもの幼児教育を始めました

毎日、仕事に育児にと忙しい毎日を送っていますが、子どもの将来のことを考えて幼児教育についても考えなければなりません。

僕は決して裕福な家庭で育ったわけではなく、普通以下の家庭環境だったので、ほとんど幼児教育なんてしてもらえず、教育=学校の授業が全てでした。

産まれてくる家庭環境は子供が選ぶことができず、家庭環境によって子供の将来が大きく左右されることも確かなので、我が子には少しでも幼児教育を受けさせてあげたいと考えています。

子どもはまだ幼稚園にも入園していませんが、いまから始めるのは遅いくらい?最近は多くの家庭で幼児教育を行っているらしく、これは急がなければ大変になると思い、わが家でも、こどもちゃれんじなどの幼児教育教材に加入しました。

こどもちゃれん自体は勉強というよりも遊びながら社会のことについて学べる教材なので、これも幼児教育なのかな?と少し疑問に思っていますが、値段も高くないので1年は続けようと思っています。

幼児教育は本当に色々あるので、これから調べてみて子どもにもできるだけ与えてあげたいと思っています。

毎日、過ぎ去っていくような日々ですが、子どもはどんどん大きくなっていくので、取り返しがつかなくなる前に幼児教育のことを真剣に考えたいです!

子育ては苦痛?

子供が産まれたら楽しい生活が待っていると思っている方がいるかもしれませんが、正直に言います。そんなに楽しい事ばかりではなく、大変8:嬉しい(楽しい)2くらいの割合です。

毎日仕事を頑張って疲れて家に帰り、自分の好きなことをしたりのんびりしたい人は多いと思いますが、小さい子供がいるとそうはいきません。

子供にご飯を食べさせたり、小さい子供は1人で片付けなども出来ず散らかし放題なので、おもちゃを片付けたり、子どもをお風呂に入れたり、おむつ替えをしたり、わがままに付き合ったりと、とにかく疲れることばかりで、家に帰っても気が休まることはありません。

唯一、子どもが寝静まったあと、自分が寝るまでの間、2時間くらいがゆっくりできる時間なので、この時間を使ってネット、ゲーム、本など、自分がしたいことをしています。

ただこれも自分が選んだ道なのでできる限り子供のことを考えて頑張りたいと思います。

子どもがある程度大きくなるまでは今の生活が続きますが、自分に子供ができて初めて親のありがたみが分かりますね。たまには親孝行でもするかな。。

仕事しながらイクメンを目指す!

サラリーマンであり、2児の父親でもある幸太郎です!まだ子供が小さく非常に手がかかる時期なので、サラリーマンとして働いていますが、家に帰れば育児も積極的にこなすイクメンも目指しています!

まだまだ育児が始まったばかりで嫁にも文句を言われながら・・・、それでもめげずに頑張っています!

そこで私と同じように育児が始まったばかりで、イクメンを目指している父親向けにブログを書くことにしました!

もちろん完璧な育児なんて求めていないし、出来ないので、少しでも嫁のサポートができればと思っています。

さて僕の子供たちはまだどちらも幼稚園入学前の幼児なので、専業主婦の嫁が1日中世話をしてくれています。

僕は土日が休みなので、休みの日は上の子を散歩に連れて行ったり、買い物に行ったりして少しでも嫁の負担を減らす努力をしています。

嫁の負担減⇒嫁の機嫌が良くなるの構図は誰の目からも明らかなので、僕の場合は子供のために育児をするというよりも、今のところは嫁の機嫌を取るための育児になっています(^^;)。

ただこれから育児に慣れてくれば、嫁の機嫌取りではなく、子供たちのための育児や教育をしていこうと思っています。

とにかく今は育児を勉強中の身なので、育児試験に合格できるように毎日頑張りたいと思います!

メニュー

4歳長男の育児に四苦八苦仕事以上に育児は大変?子どもの幼児教育を始めました子育ては苦痛?仕事しながらイクメンを目指す!


Copyright ©仕事を頑張りながら育児と幼児教育をするパパ All rights reserved.

ログイン